エステ業界を知る。経営する。参入する。エステティックをビジネスとして捉えるビジネス向けメディア

成長企業銘柄

【成長企業銘柄とは】

成長企業銘柄は、株式会社美容経済新聞社が発行するサロン経営者向け専門情報誌『エステティック通信』のオリジナルアワード。
エステティック業界の成長発展に向けた取り組みの一環として、エステサロンに商材やサービスを供給している企業を対象に成長企業調査を実施。2014年より開始し、今年で6度目の開催となる。

『成長企業銘柄』では、「売り上げ」の伸び率をベースに「イノベーション」「人事」「社会性」「労働生産性」「顧客価値」の5つの観点から総合的に審査。会社の規模拡大のみならず顧客や従業員満足度への取り組み、ひいては社会への貢献活動を高い水準で達成していると認められた企業を表彰する。

2020年度は34社が受賞
受賞企業の対前年比売上平均成長率は153.7%で、昨年受賞企業26社の対前年比売上平均成長率126.6%から上回り、業界全体の伸びがみられる結果となった。

※このアワード開催は企業価値を多角的な観点から審査し、サロン経営者がパートナー企業を選ぶ際の「信頼」の指標となること、また成長性のある企業のカルチャーや取り組みを業界のロールモデルとして周知させることを目的としています。

■審査概要
・名称:成長企業銘柄2020
・審査対象:設立3年以上の法人(2019年12月23日時点で満3年※2016年12月23日登記以降)/法人登記が為されている国内法人(個人事業主は対象外/過去3年以内に重大な法令違反がないこと/エステティックサロン向けのサプライヤー事業を行っていること
・審査期間:2019年11月18日~12月23日
・審査方法:株式会社美容経済新聞社産業調査部独自のエントリーシートによるヒアリング調査
・調査内容:過去3年間の売上/新商品開発や商品リニューアル等イノベーションへの取り組み/人事や採用の取り組み/過去1年間の社会貢献事業の取り組み/過去1年間の労働生産性向上についての取り組み/顧客価値提供への取り組み

『成長企業銘柄』は4月号(3月10日発行)とエステティック通信公式WEBサイト(https://www.esthe.news/posts/35817)に掲載